制作日記

今回は、ミニカーのメーカーから映画「マッドマックス」のインターセプターという車が発売されることになり、それに後付けで取り付けるマックスのフィギュアを作るというものでした。今までで最も難しい仕事だったように思います。まず、このミニカーは車体の寸法は正確に作られているのですが、内部の寸法はかなりいいかげんで、座席からハンドルの位置を基準にすると、ヘッドレストの位置、アクセルの位置が人体的におかしくなってしまいます。なんとかつじつまを合わせなければならないのです。次に、このサイズで実在の人物に似せることの難しさ、また背中と太ももは座席に沈み込んだようにしなけばなりません。かかりきりで1ヶ月以上かかってしまいました。
制作過程はこちら